ブレーンワールドセラピーの説明です

理論物理学の超ひも理論

全ての物質は振動する紐でできています

大きさは10のマイナス35乗meterと言われています

膜は振動する紐の集合体からできています

眼には見えませんが手先 指先に触りますと感じます

膜は常温で粒子を隔離することができます

隔離された粒子の中は外側の次元とは異なり高次元空間に入ります

ブレーンワールドセラピーのブレーン 膜は

常温で磁場を封じ込めたその中は

アインシュタインが知りたかった世界でもあります

高次元空間で行われるセラピーです

神山三津夫 Braneworld therapy 膜宇宙療法 公式ホームページ 膜空間から新型ウイルスを防御☆右上の≡をクリックして幾何学模様の画像をご覧になって下さい。

ブレーンワールドセラピー この療法は横浜市にあるリハビリマッサージ療院神山三津夫氏が40年以上に渡り研究開発した奇跡の療法です。 身体の外側に膜を張ると 常温で磁場が封じ込められ 自身の細胞膜が共振して 細胞膜共鳴共振運動を起こします 人によって激しく手足や 身体全体が動き 様々な症状を 改善させていく可能性もあります この奇跡の治療法は新しい世界、 次元を体験させてくれるでしょう。